さわやか
◆新しい人事・評価制度を作る前の
""必読の書""です



  小冊子プレゼントハート 香川県の企業様に限らせていただいております。

これから人事制度を整備しようと思っている会社の皆さんへ、そして人事制度がうまく機能していない
会社の皆さんに贈る
革新の一冊です

職場に希望と安心を!

 企業では、「弱肉強食」、「成果業績第一主義」、「個人責任主義」などによる心身のストレスが原因で精神疾患に罹患する労働者が増えています。近年、労災補償の申請・認定の件数も増加傾向にあるため、労務管理上の大きな課題のひとつになっています。


◆ これからの中小企業には、より良い組織文化を醸成してゆくことが必要です。
◆ いわば企業のDNAのような社風といったものは1年や2年では形成できないかもしれません。


明るい職場づくり

 社員の成果は企業の成果として応えてくれます。人を育て、活かす」企業が最後には成長します。


報酬の魅力
 
「お金」を支払うことは、非常に難しいことです。しかし一時的な恩情で多めに賞与を支払っても労働の対価に
誤解を生じます。労働者は次はもっと多く賞与が支払われることを期待するでしょう。
 常に労働の対価に見合うものでなくてはなりません。
そこで会社は、労働者の仕事の成果について、正確な評価基準を示し、労働者の納得性を高めていく必要がある
のです。この点がしっかりしていないと、まじめで優秀な社員ほど退職してしまうことになりかねません
しかし、過度に支払過ぎるというのも、問題かもしれません。

※平成18年4月からの65歳までの段階的な継続雇用の義務化について
 
使用者が講じなければならない措置
 @定年の引き上げ
 A継続雇用(勤務延長・再雇用)制度の導入
   ・勤務延長・・・定年後の一定期間、職務や賃金などの労働条件を変えずに、引き続き雇用すること
   ・再雇用・・・在職中の経験を活かしながら、嘱託等、労働条件を変えて雇用すること
 B定年の定めの廃止
対象高年齢者に係る基準にも具体にかつ客観的にみて望ましい基準であることが必要不可欠です!
 

望ましい基準

望ましくない基準

(イ) 働く意思・意欲
(ロ) 勤務態度
(ハ) 健康
(ニ) 能力・経験
(ホ) 技能伝承などその他
(イ) 会社が必要と認めた者に限る
(ロ) 上司の推薦がある者に限る
(ハ) 男性(女性)に限る
(ニ) 年金(定額部分)の支給を受けていない者に限る
(ホ) 組合活動に従事していない者に限る

などがあります。

 

                   当事務所を、御社の第2人事部、労務顧問としてご利用下さい。